日本刺繍作家 笹原木実 作品集

恋する日本刺繍教室のブログ

久しぶりに藤花の続き

蕾から花部の中心部分まで刺し進めてきました
恋する日本刺繍教室のブログ

全くにていない

清楚な感じも気高い感じも露程も無い残念な結果になっております。 参考写真 そして、出来上がり また挑戦しますが 刺している私に品格が無いと、いくら刺してもダメかもねェ
恋する日本刺繍教室のブログ

25.26日はイベント

毎年恒例の大井町「きゅりあん」での技味展で 実演と作品販売を致します。 皆さま、どうぞお越しくださいm(__)m イヤリングはキラキラで
恋する日本刺繍教室のブログ

まつ毛が~

まずは見て下さい 清楚さがまったく無くなってしまいました(´;ω;`)ウゥゥ
恋する日本刺繍教室のブログ

そして、目を入れる

いつもは白を前面に入れるのですが、こんな風に刺してみました 黒目に輝きをたしら
お知らせ

色の違いがわかるかなぁ

ここまでは濃い黄色85番 ここから2色使用 写真では違いはわからないよねェ でも光が当たると明暗が出て絹の光沢と相まって微妙に色の違いが 美しさを増してくれます それには糸の縒りが均等になっているという条件がありま...
恋する日本刺繍教室のブログ

まずは蕾から

花は平糸で刺すつもりなので、最後になります(平糸は毛羽立ちやすいので大事をとって) 小さいけれど、少し肉入れしてみました 肉入れの効果があんまり無いので、やめよう ちょっとの事でも試行錯誤の毎日ですが、これが楽しいんだな 日本刺...
恋する日本刺繍教室のブログ

葉っぱは輪郭のみで

プラチナ糸と色糸で輪郭をまつり縫い 葉脈は入れるつもりですが、葉っぱ自体は透かしのままにしようかと思っています
恋する日本刺繍教室のブログ

藤の花

最初の図案では、丸っこい花にしていたのですが 布に書く時点でこちらに変更 刺すのは難しく手間も増えたけど、上品な感じになったと思いませんか?
恋する日本刺繍教室のブログ

バランスが難しい

プラチナ糸と色糸を混在させたいのですが、配置にもセンスがいりますねェ この刺していない場所を色糸にします さてさて皆様 今年はどんな1年でしたか? 私は怪我に始まり、怪我に終わる感じですかね これから明治神宮の年納めの行事に参...